ライブ配信

ライブ配信アプリで稼ぐ方法

ライブ配信アプリで稼ぐ方法

ライブ配信アプリはどれくらい稼げるのか?報酬制度やおすすめのアプリ、ライブ配信で稼ぐ方法や配信開始までの流れをご紹介いたします。

ライブ配信アプリとは

ライブ配信 稼ぐ

ライブ配信アプリとはライブ配信に特化した配信アプリのことです。SNSの投稿とは違い、リアルタイムで動画配信が出来るので、ファンやリスナーとのコミュニケーションにも使えたり、投げ銭(ギフティング)報酬で稼ぐこともできるため、近年話題となり大変人気となっています。

ライブ配信がきっかけでファンが増えたり、知名度が上がることも多く、アーティスト/シンガーソングライター/アイドル/タレント/ダンサー/コスプレイヤーとして活躍してい人にも向いています。

ライブ配信の種類

ライブ配信

ライブ配信には3つの種類があります。

  • ①顔出し配信
  • ②ゲーム配信
  • ③ラジオ配信

それぞれの配信方法について解説します。

顔出し配信

顔出しライブ配信

配信画面に自分を顔を写しながら配信することを顔出し配信といいます。人間性やキャラクターが分かりやすいため親近感が得られやすく、最もファンを増やしやすい配信スタイルです。

顔出し配信は芸能人やアイドルがファンサービスとして行なうことも多くリスナーさんの視聴維持率もキープしやすいです。

これから知名度を上げていきたい人やファンを増やしていきたい人にもおすすめの配信方法です。雑談配信/歌配信/演奏配信/ダンス配信などに向いています。

ゲーム配信

ゲーム配信

ゲーム配信は自身がプレイしているゲーム画面を写しながら配信するスタイルのことです。ゲーム実況は世界中で人気でYouTubeでもたくさんのゲーム配信者が活躍しています。スマホゲームを写しながら配信する人もいます。

ラジオ配信

ラジオ配信

音声のみで配信することを「ラジオ配信」といいます。顔出し不要で手軽に配信できるため隙間時間やながら配信をする時に向いています。

顔が分からない状態でリスナーさんを増やすにはそれなりの企画力やトークスキルが求められます。意外と上級者向けかもしれません。

顔出し配信は稼ぎやすい

顔出しライブ配信

ライブ配信アプリで活動をするなら「顔出し配信」がおすすめです。顔や仕草がわかる分、親近感が湧きやすく視聴維持率やコメント率も高くなります。

また、心理学には「単純接触効果」という効果があり「人は知っているものに好感を抱きやすい」ことが分かっています。

なるべく顔出し配信をしてアナタのことを知ってもらうようにすると、ファンが増えやすくなるため稼ぎやすいです。

ライブ配信アプリの報酬制度

ライブ配信の報酬制度

ライブ配信の報酬制度は主に2種類あります。

  • 時給制(配信時間に応じて報酬が決まる)
  • 歩合制(投げ銭の還元率で報酬が決まる)

ちなみに、WhiteCreationsに所属すると公式ライバーとして時給制でもライブ配信ができるので月収20万円以上が目指せます。今すぐLINE応募をする!

配信時間で稼ぐ時給制

時給制のライブ配信

時給制はアルバイトと同じように配信時間に応じて報酬が支給されます。

未経験でも時給1500円以上でライブ配信をすることができる場合も多く、在宅ワークや副業として若い女性に人気です。しかし時給制は審査に受かった方に適用される制度なので誰でも時給が貰える訳ではありません。

WhiteCreationsでは審査に受かるための説明会やアドバイスを行なっているので所属タレントは平均時給1200円でスタートしています。

1ヶ月最大160時間まで支給されるので投げ銭の還元率も考えると初月から20万円以上を目指す事ができます。人気ライバーになると報酬が月50〜150万円くらいになるので、ライブ配信を本業として生活している人も多いです。

現在人気ライバーとして活躍している方や、元人気ライバーとして活躍していた実績がある方は過去の実績を審査対象にれることができるのでWhiteCreationsに入ると時給3000円以上でスタートする事も可能です。時給制にチャレンジしてみる!

ライブ配信中の投げ銭で稼ぐ歩合制

ライブ配信の投げ銭で稼ぐ

歩合制の配信は投げ銭✖️還元率がライバーの報酬となります。

ほとんどの配信アプリは投げ銭の20~30%程度なので月に100万円の売上を出しても25万円程度にしかなりません。

還元率100%という事務所がありますがそれは投げ銭の還元率ではなく、フリーライバーと比べて100%という意味なので結局フリーと同じという意味です。惑わされないように注意しましょう。

WhiteCreationsは大手配信アプリと直接契約しているオーガナイザーなのでフリーライバーと比べると120%以上の還元率になるため稼ぎやすいです。応募してみる

ライブ配信アプリのほとんどが歩合制

ライブ配信は歩合制

ほとんどのライブ配信アプリは投げ銭✖️還元率の歩合制です。言い方を変えると投げ銭をもらう事が出来なければ報酬は貰えません。

しかし、しっかりとポイントを押さえてライブ配信をすれば9割以上の人は投げ銭をもらう事ができます。見た目や特別なスキルはそこまで必要ありません。

WhiteCreationsに所属するとフォロワーやリスナーを増やし、配信を盛り上げて投げ銭が貰いやすくなるコツを学べます。

稼ぎやすいライブ配信アプリ

稼げるライブ配信アプリ

WhiteCreationsでは所属タレントの目標や活動内容に応じておすすめのアプリを変更しています。

今回は「稼ぎやすさ」にフォーカスして紹介いたします!

ライブ配信アプリ【Uplive】

UPliveライブ配信アプリ

「Uplive」は中国の会社、Asia Innovations Group Limitedが運営しているアジアを中心に人気の配信アプリです。グローバルに親しまれている秘密は、配信内容を翻訳できることや、圧倒的な還元率の高さにあります。

また、新人ライバーにも優しいノルマなしの時給報酬プラン(月収30万以上が目指せる)もあり日本国内の他社配信サービスと比較しても圧倒的に稼ぎやすく、ライバーにとても優しいアプリとなっています。

時給プランには審査基準があり審査に合格したライバーのみが時給で活動することができます。WhiteCreationsには多数の時給ライバーが所属しているので、より高い時給で合格するためのノウハウがあります。

今すぐご応募はこちら

ライブ配信アプリ【LINELIVE】

ライブ配信アプリ LINELIVE

LINELIVEはLINE株式会社が運営するライブ配信アプリです。

ライブ配信でオーディションを行う雑誌掲載/番組出演/YouTub出演/オリジナル曲制作などの大きいイベントがあり、10代に人気のアプリとなっています。

元々は芸能人だけが配信OKだったという事もあり課金ユーザーが多いので1時間の配信で200万以上が飛ぶこともあります!

ライブ配信アプリ【SHOWROOM】

ライブ配信アプリ SHOWROOM

SHOWROOMは元祖ライブ配信とも言えるような大手配信アプリです。

有名アイドルグループのタレントから一般人まで様々な人がライブ配信をしています。芸能界で活躍することを目標にしている人が多いのも特徴です。TV番組出演/雑誌掲載/楽曲制作/広告モデルなどの大きいイベントもあります!

ライブ配信を始めるには

ライブ配信を始めるには

ここまで読んでライブ配信に興味を持った方も多いのではないでしょうか?

もし配信を始めるとしたら何をすれば良いのか?を解説いたします。

応募して配信を始める

ライブ配信アプリをインストール

ライブ配信アプリをインストール

まずは活動するアプリを決めてインストールしてみましょう!

2022年3月時点でかなりの配信アプリがリリースされています。大手配信アプリで活動をスタートするのが無難と言えるでしょう。どれで始めようか悩んでいる方はぜひWhiteCreationsにご相談下さい!

どのアプリが向いているのか相談してみる

プロフィール画像と文章の作成

ライブ配信アプリのプロフィール

ライブ配信アプリをインストールをしたらアカウントを作成しましょう。ライブ配信でリスナーを増やすには【サムネイル】が命です!自分のキャラクターや世界観、配信内容が伝わるものを作成しましょう!

アナタのことを知らないユーザーがアプリ内に表示されているサムネイルを見て、自分の配信に来てくれるかどうか?をイメージして作成しましょう。

プロフィールの文章構成も大切です。何をしている人でどうなりたいのか?を分かりやすく記載しましょう!

  • 挨拶(はじめまして)
  • 自己紹介(●●が好きな●●です)
  • 目標(●●を目指して活動しています)
  • 応援よろしくお願いします!

のような流れで記載すると分かりやすいと思います。

【ライブ配信アプリで稼ぐ方法】まとめ

ライブ配信アプリで稼ぐ

以上、ライブ配信アプリで稼ぐ方法でした。

  • ライブ配信の種類は主にゲーム/ラジオ/顔出し配信の3種類
  • 報酬制度は時給制度と歩合制の2種類でほとんどのアプリは歩合制

少しでも興味があればぜひWhiteCreationsへご応募ください!

簡単LINE応募はこちら!
簡単LINE応募はこちら!